恋愛には少しの勇気が必要です。

様々な変化に流されやすいような人なら、冒険は慎むべきですね。多分きちんとしたレールの上を歩くべきです。
でもそれって、決して変化がないというわけではないのです。どんなに普通の日々といっても変化があふれています。

一筋縄ではいかないのがこの世の中です。
毎日歩いている歩道だって、どこに何があるか分かったものじゃないはず。落とし穴があったり、誘惑があったり……と。

冒険はやめて、見られるまま派手でも華麗でも、そのままのあなたで進めましょう。
しかし、見られ方が本来のあなたじゃないわけですから、自分からそんなことをアピールしなくてはならないのです。
「私は普通の女の子です」と。これも現実的に多いのです。見られ方ってすごく大切なのです。

誤解されてあなたの人間性さえも違ってとられているのです。
遊び慣れているとか、彼が複数いるとか。そんな風に見られているから恋のチャンスがないのです。

それでもって流されやすい性格。自分の胸に手を当て、はっきりと確認してください。

恥ずかしいことではありません。時代の流れに敏感で好奇心旺盛な流されやすいだけなのです。安心してください。

周りに流されない

そういうあなたには、手紙を書くという武器を提案しましょう。
あなたが好きだと感じた異性に心のこもった手紙を書くのです。

メール全盛の時代に、手紙を書くのです。便箋とペン。
心の中に特定の異性が存在して、なかなか告白できない状態が続いている人なら、便箋とペンを用意して素直な気持ちを伝えましょう。

普段、得に目立つあなたと、手紙。
このギャップがあなたの恋を実現できるでしょう。

また、心の中に特定の存在がなければ、恋のチャンスを増やすために、小道具が必要です。

それは一冊の本。
ちょっとぶ厚めの小説とか詩集。磨き抜かれたセンスを身に付けているあなたが、そう、ブランドのバッグと共に本も抱えるのです。

せっかくですからちゃんと読みましょうね。いいですか、あなたの見られ方にホッとするものを添えるのです。

近づきがたい印象で楽しんでいては、いつまで経っても恋のチャンスはおとずれませんよ。
緊張ピリピリ、「あの女の子には絶対彼がいる」と思わせていては誰も近づいてきません。

ほっとさせる雰囲気を作ることが、人を近づけるものなのです。
一冊の本をあなたのセンスとともに持ち歩くのです。

綺麗な人やセンスの良い人は時として人間性を薄めてしまうようです。まるでジュラルミンでできたマネキンなのです。そんなものに告白できますか。ぱちんと弾かれてしまうでしょう。

あなたはそんな雰囲気を人々に与えてきたのです。同性にも異性にも。

そこに一冊の本。
思い当たる人は、今日から一冊の本か便箋とペンのどちらかを選んで、近づきやすい人になってください。
鼻の先を45度上に向けて歩いていては、誰も近づいてきませんよ。本人はそう思っていなくても、センスの良い人は案外にそんな風に見られているのです。今日から変えてみましょう。

キレイになりたいなら体の内面から。
麗白茶屋

ナノクリアを使ってきれいな素肌を維持しましょう。
http://birel.co.uk/